2021.3.11
2020年度3.11東日本大震災避難者支援フォーラム 2021.3.6

東日本大震災から10年

2021年3月11日に向けて

IMG_7271

2021年3月6日(土)13:00~とりぎん文化会館第2会議室にて、3.11東日本大震災避難者支援フォーラム『地域の未来を考える 次世代が語る! 減災に向かって体験者に学ぶ』を開催いたしました。

今回のフォーラムは、コロナ禍により一般参加者なし・ZOOM観覧のみで感染対策をした上で行いました。

始めに、当協議会の川西代表より開会のあいさつをしました。

IMG_7265

次に、ご協賛くださいました鳥取県より小林統轄監のごあいさつを佐藤事務局長が代読をしました。(新型コロナウイルス感染拡大予防のため、いただいたごあいさつを代読させていただきました)

IMG_7268

第1部 『私が見た、遭った東日本大震災』

報告者:澤口栞子さん(リモート参加)

2011年3月11日の発災時には岩手県釜石市東中学校一年に在学中であり、まさにその被害の渦中にあった方です。

澤口さんが通う校区の生徒さんは「釜石の奇跡」といわれたようにみなさんの命が守られました。

その時の様子と、普段の学校生活、地域の方々の様子など、この10年を振り返って、お話しいただきました。

IMG_7270

第2部 『私たちへの教訓・何を学ぶか』

パネラー:澤口栞子さん(3.11発災時中学1年生)

パネラー:堀内夏樹さん(鳥取大学農学部 在学)

パネラー:川西清美(とっとり震災支援連絡協議会 代表)

ファシリテーター:稲津秀樹さん(鳥取大学地域学部 教員)

代表より発災当時のことを伝えていただく、また、沢口さんのお話を伺い、今生きる同世代の方々がどの様に感じ、考え、地域に生きる私たちとどう生きるかについてのお考えを、トークセッションをしていただきました。

また、鳥取大学の稲津さんのゼミの学生の方々ともリモートで繋がり、それぞれが感じたことを話していただきました。

澤口さんは当時のことを思い出すことで、つらい記憶が蘇ることもあったかと思いますが、ご自分のことばでしっかりとおもいを伝えていただいたという印象でした。

若い世代の方々は、震災、防災、地域のことなどについて、一人ひとりがさまざまなことに興味を持ち、学び、かかわりを持っている、持とうという意欲を持っている、というように感じました。

興味・関心を持っていることはさまざまでも、今後自分たちがどう生きていくかを普段から考えておられているように思いました。それを踏まえ、今回のフォーラムではトークセッションを通して、感じたこと・思ったことなどを伝えてくださいました。

IMG_7274

IMG_7277

IMG_7279

今回のフォーラムはコロナ禍により一般参加者なしのオンラインのみの開催となりました。

初めてのことばかりで戸惑うこともたくさんありましたが、登壇者のみなさま、スタッフのみなさま、会場の方々、ZOOMで観覧してくださった方々...このフォーラムに関わってくださった・見守ってくださった方みなさまのお陰で開催することができたと思います。ありがとうございました。

課題はまだまだありますが、今後も「わすれないこと。つづけていくこと。」ということばを胸に、支援をつづけていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

※以前よりお伝えしておりましたように、今回のフォーラムの内容はDVD化して研修会に使用したり、貸し出しを行う予定です。興味のある方はDVDをご覧ください。(まだDVD化できておりませんのでできましたらお知らせいたします。)

コメントは停止中です。