2014.4.23
H26年度事業内容

IMG_4700

【鳥取県委託事業】

*交流会の開催(月1回)

毎月恒例のお茶会を継続して行っていきます。避難者の方々が気軽に集まりお話できる、楽しくて温かい場所を作っていきたいと思っています。

*全県域交流会の開催(年2回)

毎年恒例の芋煮会、クリスマス会など、鳥取県内全域の避難者の方々、支援者の方々、鳥取県民の方々にも参加して頂き、ともに鳥取県に暮らす者として交流を深め、繋がりを築き、鳥取暮らしを満喫して頂けたら良いな・・・と思っています。

*避難者の相談窓口の開設

とっとり震災支援連絡協議会設立後、事務所開設とともに避難者の方々をはじめ、沢山の方々にご訪問いただき大変感謝しております。現在、小さな事務所で運営しているため、プライベートなお話等なかなかしづらい環境にありましたが、新たに相談室を開設しました。プライバシー保護の観点からもご安心してお話頂ける環境が整いましたので、ご相談等がございましたらお気軽にお越しください。

*啓発フォーラムの開催(年2回)

H25年度は、9月と3月の2回、とりぎん文化会館で開催させて頂きました。鳥取県民の皆様をはじめ、沢山の方々にご参加頂きまして心より感謝申し上げます。避難・被災地の現状を知って頂き、風化を防ぐとともに、改めて東日本大震災がもたらしたものを考えて頂く時間をつくって頂きたいと考えております。そして、1日も早い復興と被災者、避難者に笑顔が戻りますよう願っています。

*出前講座の実施(学校・公民館等)

東日本大震災から3年目。残念ながら、避難の現状が正しく伝えられずに、心ない対応や言葉によって避難者が傷ついたり、風化していく状況の中で辛さや不安を口にできない避難者の方もいます。避難の現状を知って頂き、正しい理解のもとに一人ひとりが尊重され、安心して生活を送るために何が必要か?一緒に考えてみませんか?

*広報誌の発行

当協議会の活動をみなさんに知っていただき一緒に参加していただければと思っています。

*支援者ネットワーク会議の開催

2か月に1回開催しています。当協議会の活動にボランティア参加、協力等していただける方で支援者として登録をして頂いている方々にお集まり頂き、当協議会の活動状況、避難者の発表、支援者としてできること、参加・協力のご依頼等、お話の時間を設けさせて頂いています。いつもご協力頂き心より感謝申し上げます。今後とも、宜しくお願い致します。「何かしたい!」と思っている方がいらっしゃいましたら、是非とも当協議会までご連絡ください。皆様のご協力をお待ちしております。

 

 

【その他事業】

*中国5県ネットワーク会議への参画

多様化する避難者の抱える問題にきめ細かくそのニーズを把握し対応する事業を実施します。

*保養や交流事業の実施

 (仮)とっとりサマーキャンプ2014開催。(7月下旬~8月上旬)

 

コメントは停止中です。