2014.3.07
春の高校・大学生交流事業

目的

 東日本大震災からまる3年。復興が進んで土地が整備され、原発関連の問題が収束を迎え安心できる生活を送るためには、まだまだ課題が山積しています。

 今回は、被災地の高校・大学生の将来への生活、健康、就業、進学などの視点で災害がもたらした不安や展望などについて、被災地から離れた鳥取の高校生や大学生と共有します。

 明日を担う学生たちの「将来の不安がある。何を目指せばいいのかわからない。こんなことしたい!こんな社会に住みたい・・・・」など、それぞれの将来について考えるワークショップや、交流の場を設定します。

 同時に、鳥取の歴史、自然、環境にも触れてもらい、鳥取を身近に感じてもらえる様企画します。

 また、今後(今年の夏予定)被災地に生きる人たちに触れ、自分たちの生き方について考えられるよう、鳥取の学生が被災地に行って、「交流・思いの共有」の足がかりとするものです。

 

 日時:2014年3月25日(火)~28日(金)   4日間

 内容: 高校・大学生交流事業企画書(excel形式)/  高校・大学生交流事業企画書(PDF形式)

     申し込み書(word形式)/  申し込み書(PDF形式)

 参加人数:福島県・宮城県より7人 / 鳥取県より10人

 参加費: 福島県・宮城県より参加 10,000円 /  鳥取県より参加 2,000円

 申込み先(主催) とっとり震災支援連絡協議会

      〒680-0051鳥取市若桜町39 ロゴス文化会館2F

      TEL/FAX 0857-22-7877 Mail/ support@tottori-shien.org

                    HP/ http://tottori-shien.org

 

 

コメントは停止中です。