2016.10.28
【被災地訪問報告】10/16~10/18(岩手県)

今年も参加表明してくださった支援者の方々と被災地訪問に行きました。

今回は、岩手県を訪問しました。

まず、岩手県庁を訪れ、復興局復興推進課の鎌田課長と菊池主任にご対応いただき、現在の岩手県の復興状況等を説明していただきました。

img_4403

津波の被害が大きかった沿岸部では、復興は進んではいるものの、震災前の状態になるまでにはまだまだ道のりは長いように感じました。

8月末に上陸した台風で大きな被害があった中での訪問でしたので、対応等でお忙しいところ快くお引き受けしてくださり、誠にありがとうございました。

次に、盛岡市にある「もりおか復興支援センター」さんを訪れました。

金野センター長にご対応いただき、活動内容等を説明していただきました。

様々な活動を精力的に取り組んでおられ、たくさんお聞きしたいことはありましたが、時間の関係もあり、活動内容の中から相談業務や戸別訪問について詳しくお話していただきました。

img_4414

避難者の方が着物を活用して手作りしたバッグや伝統芸能が記載されているカレンダー等拝見させていただきました。

img_4417

金野センター長をはじめ、スタッフの皆様にはお忙しい中ご対応いただき、誠にありがとうございました。

その後、沿岸の宮古市を訪れる予定でしたが、道路工事等で予定していた到着時刻より時間がかかるとの情報をいただきましたので、宮古市は断念し、大槌町へ向かいました。

沿岸部に近づくにつれ、内陸の風景とは違い、トラックの行き来や工事中の景色が広がりました。

img_4425

img_4433

img_4435

img_4436

大槌町に到着し、「大槌保育園」さんに訪れました。

img_4438

八木澤園長先生にご対応いただき、震災当時の状況や現在の状況等のお話をしていただきました。

img_4440

地震があり、津波が来るまでの先生の行動や子どもたちの状況を聞きました。

img_4441

img_4443

震災から時間が経過しても消えない当時の状況…

震災前の町の状態に戻るには、まだまだ時間を要すること…

八木澤園長先生、お忙しい中貴重なお話をありがとうございました。

そして、どうかご無理などなさりませんよう、ご自愛くださいませ。

img_4446

10月にもなると夕方には暗くなってきました。

次に、最後の訪問先の釜石市へ。

「かまいしこども園」さんに訪れ、藤原園長先生にご対応いただきました。

img_4453

大槌保育園の八木澤園長先生もお元気で愛嬌のある先生でしたが、藤原園長先生も笑顔の素敵なとってもお元気な先生でした。

震災当時の状況のお話をお聞きしましたが、とっさの判断や行動、決断した先生の心境は、計り知れないほどでした。

園長先生であり、母親であり、妻であり…

心身ともに張り詰めた状態が続く日々を過ごされ、お体が心配です。

どうかご自愛くださいませ。

img_4454

遅くなっての訪問にも関わらず、スタッフの皆様にもご親切にしていただき、そして、貴重なお話を本当にありがとうございました。

岩手県訪問は初めてでしたが、復興状況を知ることができ、今の岩手県をこの目で確認できたことは、これからの活動をするにあたりとても意味のある訪問でした。

月日が経ち風化されていますが、決して忘れてはいけないし、今もなお被災地では復興に向けて動いているという現実があります。

今回訪問先の方々のご理解とご協力によりお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました。

 

コメントは停止中です。