2013.12.01
ほよ~ん相談会★初参加!!

 

この度、とっとり震災支援連絡協議会は、夏のサマーキャンプ2013を経て

「311受入全国協議会」に加入させて頂きました!!

http://www.311ukeire.net/detail.htmlhoyo13winter

 

 

そして今回、うけいれ全国主催のほよ~ん相談会に初参加★させて頂きました!

11/30(土)は、福島県の西郷村の商工会館を会場に行われましたが、残念ながら相談会のブース参加はできませんでした・・・(夕方に到着しましたっ!И(゜Д゜;)33

夜の懇親会から出席させて頂き、西郷村の議員さんや地元の方々、他の支援団体の皆さんからそれぞれの活動や現状について沢山お話を聞くことができました。

西郷村の議員さんは、一致団結し村の子どもたちを守っていく!とお話しされていました。そして、今回のほよ~ん相談会開催や全国からの支援に対し、とても気持ちのこもったお礼のご挨拶をされていました。

福島の問題はまだ終わっていません。今後も支援が必要です。

胸に刺さるような、なんともいえない気持ちがこみ上げてきました・・・。

遠い鳥取だからできること、鳥取からできること。つづけていくこと

改めて、今自分たちができることは何か?必要とされていることは何か?考えさせられました。

 

12/1(日)は、郡山市の教組会館にて行われました。

朝から沢山の方々が相談にいらっしゃいました。

鳥取のブースには15名の方がお話を聞きに来てくださいました!

お話を聞きに来てくださった方の中には、「とっとりサマーキャンプ2013」の参加者さんもいらっしゃって、久しぶりに再会することができて、とてもうれしかったです~♪

他には、「長期で保養に出たい!」

「放射能の不安を周りの人には言えない・・・」

「西日本の野菜をこっそり買っている・・・」

など、お母さん方のお話を聞き、あらゆる面で深刻な状況にあるなぁと感じました。

家族や身近な人に自分の不安を言えない、理解してもらえない、不安を口に出すことで溝が生まれてしまう。

「避難」ではなく、「保養」という言葉を使わなければならない現状・・・

そんな悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃいました。

震災から月日が経ち、メディアから流れる情報も少なくなり、遠く離れれば離れるほど忘れ去られてしまっている今・・・福島の問題は全然終わっていません。

全国の皆さんへ。被災地のこと、福島のこと、避難されている方々のこと、知りつづけてください。

そして、今後とも引き続き、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

ご賛同いただけるみなさま、今後の活動のため、未来を担う子どもたちを笑顔にするために、是非ご寄付をお願い致します。

 

 早速、12/21~23開催の保養プロジェクト、

「来なんせ~♡鳥取2013」へのお申込みも頂きました★★★

ありがとうございました。

 

コメントは停止中です。