2013.9.27
東日本大震災復興避難者支援フォーラム

 

 2013年9月25日(水)とりぎん文化会館第一会議室にて開催した東日本大震災復興避難者支援フォーラム「いのち 繋ぐために」の報告を致します。

IMG_2091

 

初めに、公務御多忙の中、復興庁統括官付参事官の坂井和也さんにお越しいただき、復興の現状と国の取り組みについて資料をもとに報告を頂きました。IMG_2090

 

とっとり震災支援連絡協議会副代表、福井正樹の開会挨拶に続いて、鳥取県総務部の末永洋之部長より挨拶をいただきました。IMG_2104

IMG_2115

 

福島県より自主避難した高校3年生の矢野健太郎君に住み慣れた土地から離れて、鳥取に来た時の不安や地域に馴染もうとする家族の姿を具体的に話、さらに若い自分たちが、震災について関心を持ち続けいということと共に、不安の無い明日をつくるために何ができるか考えて欲しいと参加者にメッセージをのこしました。IMG_2132

 

そして、福井副代表をパネルトークのコーディネーターに、スピーカーとして福島県いわき市から広島県に避難した三浦綾さん、東京都から岡山県に避難したはっとりいくよさん、福島県郡山市から鳥取県に避難した片山春美さんにご登壇いただき、パネルトークがありました。それぞれの方が避難を余儀なくされた当時の不安感を語られ、今も安定しない生活に対し、心的ケアや理解をしてほしいとうったえました。IMG_2151

鳥取県、鳥取市の共催、JCN(東日本大震災支援全国ネットワーク)から協力を頂き、このフォーラムを無事終えることができました。参加してくださった皆さんからも、具体的に今の現状がわかって良かったという言葉をいただきました。

コメントは停止中です。