2013.6.19
とっとりサマーキャンプ2013での対応について

 

 

1 地震時の対応

 

(ア)   南海トラフ沖大震災等発生時の対応

 

  ・県共催事業なので災害対応は県と連動することができます。

  ・連絡手段は災害伝言板、SNS(Facebook)とする。

 

(イ)   東北及び関東での地震発生時の対応

・東北地方に帰宅が困難な場合は旧那岐小学校に滞在します。

・その際、食料などは当協議会(鳥取県、智頭町など)が対応します。

・連絡手段は災害伝言板、SNS(Facebook)とする。

本プログラムにおける宿泊場所の状況

 

標高

旧那岐小学校

約326m

船上山少年自然の家

約266m

 

2 病気・けがの対応

 

(ア)      提携病院

 

東部

  ・智頭病院 (鳥取県 智頭町 智頭 1875)

  ・鳥取生協病院 (鳥取県鳥取市末広温泉町458)

  ・鳥取県立中央病院(鳥取県鳥取市江津730)

中部

  ・鳥取県立厚生病院 (鳥取県倉吉市東昭和町150)

西部

  ・鳥取大学医学部付属病院 (鳥取県米子市西町36番地の1)

(イ)        宿泊先、行動先

・看護師が帯同します。

(ウ)        入院などが必要になった場合

  ・当協議会の責任において行います。つきましては連絡いたしますので対応お願い致します。

(エ)        小さな病気・けが

  ・その都度、登録して頂いた電話・メールアドレスにてご連絡いたします。

3 生活管理

 

(ア)         スタッフの数

 

→総勢70名程度          ・本部スタッフ                  8人

               ・ボランティア                  60人程度

(イ)        生活全般

 

   ・10人程度で1グループ(学年別、男女別)を作ります。

   ・1グループにつき2名のスタッフが常時つきます。

   ・スタッフが就寝時や生活全般の面倒(着替え、薬、学習支援、金銭の管理、仲間作り、除去食など)をみます。

(ウ)         情報発信

 

  ・毎日の様子をHPやSNS(Facebookページ)と登録メールアドレスに配信します。

  ・バスの移動中の情報も配信します。

 

4 安全管理①バス移動

 

(ア)        バス会社

 

・バスの運行は郡山中央交通株式会社へ委託します。

(イ)       運行管理

 

・国土交通省が7月に定めた高速ツアーバス等の夜間運行における交替運転者の配置基準(7月20日より適用)等に則った運行スケジュールを立てています。

(ウ)      スタッフ

 

・各バスにスタッフ5名が乗車します。

・スタッフはトイレ休憩や車酔いなどの対応を致します。

・バス移動にも看護師が帯同します。

5 安全管理②アクティビティー(イベント)

 

(ア)      海水浴

 

  ・1グループ(10名)に5人のスタッフを配置します。

  ・遊泳範囲を限定します。

  ・遊泳範囲沖合にボートを配置します。

  ・ライフセーバーを専用配置します。

 

(イ)     その他

 

  ・グループごとに2名以上のスタッフを配置します。

 

コメントは停止中です。